スズキ新車アルトは低燃費最高車種

三菱の新車アウトランダーPHV車種は売れていません

スズキ新車アルトは低燃費最高車種 最近、ガソリン代の値段があがる一方で困ってますが、同時に、円安効果で自動車業界も全体的に景気が上向きつつあります。各社、業績を上方修正してなかなか頑張っています。そのような中で、1社車の販売が低迷して業績を下方修正した三菱自動車は、かなり新車の販売が苦戦しているようです。昨年末発表、販売された三菱の新車アウトランダーPHV車種は、車のコンセプトはなかなか良いのですが、売れていないのが現状のようです。まだまだ、PHVを望む市場ではないのかもしれませんが、PHV代表車のトヨタプリウスは、かなりPHV車種が市場を出回っていて売れていることが分かります。三菱自動車のアウトランダーPHV車種に関しては、三菱自動車社長の益子さんの大号令で急ピッチに作られた1台だそうです。

何故、三菱の新車の販売が低迷しているのかというと、年末に新聞やテレビのニュースで取り上げられたまたも発覚したリコール隠し問題です。しばらく月日がたったので大きく話題には上がってきませんが、やっぱり、イメージが強く市場に残っていて三菱の新車を買おうという購買意欲がなかなかわかないのが現状だと思います。PHV車のアウトランダーも良いのですが、最近、流行のクリーンディーゼルを搭載したアウトランダ―の車種を出していたら、マツダのCX5や日産のXトレールと市場で良い勝負になったかもしれません。技術先行も場合によって良い時もありますが、市場のニーズに応える車作りが求められます。

Copyright (C)2022スズキ新車アルトは低燃費最高車種.All rights reserved.